MENU

債務整理をしないようにしたいもの

債務整理とは、借金を合法的に整理することです。基本的には、金融業者などから借りたお金は、契約時の内容に則ってしっかりと返済するのが社会的なルールですが、いろいろな事情のため、人によっては返却が厳しくなることがあります。債務整理は、そんな人たちが人なみの生活を送られるよう、人生を再生するための法律と言えます。

 

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理の3種類があります。

 

自己破産は、多くは破産申請と共に破産手続きが開始され、財産が無い場合は同時廃止と言って破産手続きが終了することで、一般の申請者の多くが同時廃止になります。

 

その後、免責がおりるまでの期間は、職業などが一部規制されますが、3ヶ月から半年程度で免責となり、借金がゼロになると同時に職業などの規制からも解放されます。

 

これは財産が少なく返済額に見合った収入も無い場合であり、財産があるか又は手放したくなかったり、あるいは高収入の場合は自己破産できないこともあるため、民事再生や任意整理など別な方法を選択することになります。

 

民事再生は、自己破産したくない人や、住宅などの財産を手放すこと無く債務整理を行う方法で、住宅ローン以外の借金の利息の減額を行う方法です。

 

任意整理は、債務者との話し合いで借金の減額や、利息の引き直しを行うことで、一番理想的な債務整理と言えます。
デメリットがある任意整理